歴史   |   会計処理   |   フォント   |   名入れ   |   色選び   |   見本   |   違い   |   サイトマップ   |  

イメージ通りの暖簾を製作するコツ

のれんに名入れするときは読みさすさ重視で!

のれんは店先や厨房と客席との間に使うもの、店先などの場合は
外を歩いている人から店内が見えないようにする目的もありますし、
逆に中にはどのようなものがあるのか興味を抱きやすくするなどの
工夫もあるわけです。

飲食店などの場合、店内で食事をしている時、外を歩いている人から
自分が食事をしている姿を見られたくないと考える人は多いかと思われますが
のれんがあれば、店内を遮る効果もあるので落ち着いて食事を続けられる
メリットもあるのではないでしょうか。

目隠しの役割

但し、のれんを使う目的は目隠しだけでなく、名入れをすることで
お店のアピールにも繋がって来る大切な道具です。

のれんに名入れをしておけば、どのようなお店であるのか、それを見るだけで
分かるメリットもありますし、読みやすさを持つ書体を使って
名入れをしておけば、外を歩いている人へのアピール力も高くなります。

読みやすい文字の選び方

お店に入ろうとした時、店先にある看板などに書かれている文字が
何を意味しているのか分からなかったり、書いてあるものは
何となく分かるけれども、じっくりと観察をしないと判断に困るなどの
経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

書いてある文字が分かりやすいか否かは初めて入るお店を選ぶ時には
重要なポイントで、書いてあるものが分かりにくいので他の店に入ったなどの
経験をされた人も多いと言えましょう。

のれんはお店の顔の一つでもあり、そこに書かれているものが
遠くからでも判断ができることが大切です。

分かりやすさがあるのか否かは、書体とも言われている
フォントの選び方で変わります。

フォントの選び方

クリアタイプはアンチエイリアシング技術ではありますが、
このフォントによる視認性は使用するフォントに依存するので
単一色の中間階調で補完を行うアンチエイリアスとは別物です。

元々、ディスプレイ解像度の中で文字をきれいに見せる、読みやすさを
与える目的で開発が行われたのがクリアタイプですから、これと同じような
考え方で名入れを行えば、集客力アップの期待ができるわけです。

ちなみに、遠くからでも読みやすいものを選ぶことも大切で、
文字の太さや大きさなども考えて名入れを依頼しましょう。

業種に適したフォントを選ぶ

ちなみに、書体のことをフォントと呼んでいますが、起債をする書体は
可読性がある、クリアタイプフォントに対応しているものや、製作会社を
選ぶなどがお勧めです。

クリアタイプフォントはMicrosoft社のウィンドウズXP以降のウィンドウズの
オペレーションシステムが搭載しているディスプレイ文字の
アンチエイリアシング技術です。